職場メンタルヘルス EAP

職場メンタルヘルス

  • 運営会社
  • サイトマップ
  • TOP

045-948-3459 月曜日~金曜日(午前10:00~午後5:00)



早期退職の低減対策

職場環境の整備・改善の必要性

精神面の不調による退職は、その従業員を苦しめてしまうばかりでなく、企業経営にも痛手を与えます。
「こころの病気」は誰でも発症する可能性を秘めており、時には責任ある立場の人間の退職も考えられるのです。もし部長クラスの人間が精神面の不調により退職してしまったらどのような事態になるでしょうか?これは想像に難くありません。

残された部下だけで部をまとめなければならず、様々な負荷を与えてしまうばかりか、彼らのメンタルヘルスにも悪影響を及ぼしてしまうでしょう。また、その影響が他部署にまで及ぶことも珍しくなく、社内全体に陰鬱とした空気が漂ってしまいます。

1人の不調は誰かに伝播し、その誰かの不調はまた他の誰かへと伝播します。それを未然に防ぐためにも、職場環境の整備・改善が必要なのです。

PAGETOP

厚生労働省のメンタルヘルス指針

厚生労働省のメンタルヘルス指針ではそのような事態を避けるために、メンタルヘルスケアに関する教育研修を勧めています。
労働者・管理監督者・企業内保健スタッフなどに対して、それぞれの職務におけるメンタルヘルスケアの教育研修を施すことで、精神面での不調による退職を低減することができるのです。また各人がメンタルヘルスに関して敏感になるので、誰かが不調をきたしたとしても、早期発見・早期治療を施すことができます。

PAGETOP





Copyright(C)2007 職場メンタルヘルスEAP All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】