職場メンタルヘルス EAP

職場メンタルヘルス

  • 運営会社
  • サイトマップ
  • TOP

045-948-3459 月曜日~金曜日(午前10:00~午後5:00)



不調者への気づきと対応

不調者への気づきと対応

精神的不調による休職者を無くすためにも、周囲の人間がその不調に気づいてあげることが大切です。
どのような病気にも言えることですが、早期発見は治療の近道なのです。
そのためにも、

  • 本人による自発的な相談やセルフチェック
  • 上長や家族、同僚、友人による気づきや支援
  • 企業内産業保健スタッフやカウンセラーによるカウンセリング

が重要になってきます。

もし周囲の誰もが気づかず、本人ですら気づかないうちに精神的不調が進行してしまうと、どのような事態に陥ってしまうのでしょうか?


PAGETOP

もし誰もが気づかないと…

精神的不調が進行してしまうと、いつかは「こころの病気」を患います。

「こころの病気」は恐ろしいもので、現在の苦しみから解放されるために「死」を選んでしまうこともあるのです。抑鬱的感覚に陥っている時は思考力が低下し、正常な判断を下すことが難しくなります。自分が「抑鬱的感覚に陥っている」ということも分からなくなるほどです。だからこそ、周囲の誰かが気づいてあげるべきなのです。

PAGETOP





Copyright(C)2007 職場メンタルヘルスEAP All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】